ホーム コース概要 卒業生の紹介 訓練の流れ KTOAの仲間たち FAQ 航空機および部品 お問い合わせ Link
体験飛行コース
「いきなり入学というのは、、、、、」という方に、体験飛行コースを設立いたしました。
アメリカには一度もいったことがない。軽飛行機にも乗ったことがない。いったいどんなシステムなのかわからない。といろいろな不安があると思います。
まずは、ロサンゼルスに旅行するついでに、SBIFAに立ち寄って体験飛行をし、学校見学、先輩訓練生との交流等を行ってから、入学に踏み切っても遅くはありません。
体験飛行コースの詳細はこちらからご覧頂けます。

自家用操縦士(陸上単発)コース
自家用操縦士とは、個人の楽しみで飛行することを認められている資格で、飛行することで報酬をもらえない免許。
航空従事者の業務範囲について(国土交通省ホームページ)
また、この免許は、アメリカで取得した場合、国土交通省航空局が発行する自家用操縦士への書換えすることができます。
免許の書換え条件は、日本の航空法に記されている飛行経歴を満たしていること。 学科試験5科目のうち「法規」の合格が必要になります。
飛行機自家用操縦士コースの詳細はこちらからご覧頂けます。

事業用操縦士コース(計器飛行、多発を含む)
事業用操縦士とは、航空機使用事業を目的として報酬を受けることを認められている資格。
航空従事者の業務範囲について(国土交通省ホームページ)
航空事業会社にパイロットとして就職するには、最低限必要な免許です。
アメリカで事業用パイロットライセンスを取得した場合、国土交通省航空局が発行する事業用操縦士への書換え実地試験の際に、一部科目免除で受験ができます。
免許の書換え条件は、飛行経歴を満たしていること。 学科試験5科目のうち「法規」と「実地試験」の合格が必要になります。
飛行機事業用操縦士コースの詳細はこちらからご覧頂けます。

多発限定拡大コース

多発限定とは、すでに自家用もしくは事業用操縦士陸上単発の免許を保持されている方が、2つ以上の発動機を搭載した飛行機を操縦するのに必要な免許です。
アメリカで陸上多発免許を取得した場合、国土交通省航空局が発行する自家用もしくは事業用操縦士への書換えができます。
免許の書換え条件は、アメリカで取得した免許が日本の免許と同等であること。
(JCABが自家用であれば、FAAも自家用でOK)

学科試験の受験は必要ありません。
飛行機陸上多発コースの詳細はこちらからご覧頂けます。

ATPL短期集中コース NEW!
定期運送用操縦士とは、国内、国際線定期航空路旅客機で機長になるにはこの資格が必要です。
航空従事者の業務範囲について(国土交通省ホームページ)
海外の航空事業会社にパイロットとして就職するには、最低限必要な免許です。
ATPL短期集中コースの詳細はこちらからご覧頂けます。

計器飛行証明コース

計器飛行証明とは、すでに自家用もしくは事業用操縦士の免許を保持されている方が取得できる免許です。現在、多くのエアライン受験には、最低限必要な免許となっています。
アメリカで計器飛行証明を取得した場合、国土交通省航空局が発行する計器飛行証明への書換え実地試験の際に、一部科目免除で受験ができます。

飛行機計器飛行コースの詳細はこちらからご覧頂けます。